忍者ブログ
イロイロなジャンルをその時の気分で綴っています。
プロフィール
HN:
りょう
自己紹介:
2013年4月から札幌に赴任してきました。
多趣味というよりたぶん飽き性ですね。コーヒー、紅茶、中国茶、文房具、万年筆、オカリナ、ウクレレ、ギター、、、などなどアンテナがいろんな方向に向いています。

アンテナにひっかかりそうなもの。
お茶、紅茶、中国茶、ジャズ、クラシック、ピアノ、バイオリン、オカリナ、お香、歌舞伎、日本舞踊、清元、長唄、コーヒー、Mac、Apple製品、自転車、文房具、モレスキン、万年筆、鉛筆、キリスト教、聖公会

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[09/05 イリーガルパッド]
[07/16 くりす]
[07/16 Bibinba]
[06/27 Bibinba]
[06/22 ハル]
カウンター
23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 北京オリンピック、フェンシング男子フルーレで太田雄貴選手が銀メダルを獲って、フェンシングという競技にもすこし光があたりましたね。

 今日は、太田雄貴選手が5年ぶりに、フェンシング男子フルーレのワールドカップで優勝したとのことです。

 フェンシングって、なじみの薄いスポーツだとは思うんだけど、僕の通っていた高校にはフェンシング部があって、毎回全国大会に出てたんですね。出身校で強いスポーツというと、サッカーとか野球とかではなく、地味なフェンシング部と乗馬部。

 仲の良かった友達もフェンシング部にいたりして、高校のときからフェンシングを観てきました。ここ最近は、その友達も全日本のコーチになったりして、北京オリンピックでも選手団として行ってました。

 フェンシングの面白さは、一対一のスポーツと共通してて、相手との駆け引き。日本人選手の特徴としては、身長やリーチが欧米人からくらべると不足しているぶん、動きの機敏さと、正確な剣さばき。

 個人的に観ていておもしろいと思うのは、サーブルですね。激しい動きと豪快な斬り合いが醍醐味。フルーレはフェンシングのなかで最も基本で、突きだけが有効、そして攻撃されたらまず防御しないといけないといルールがあるので、攻撃する剣と反撃する剣の渡り合いが面白い。エペは、もともと貴族が名誉を挽回するための決闘が起源なので、とにかく相手の血を流したほうが勝ち。Coup Double(クゥードゥーブル)といって、1/25秒の間に両選手が同時に突くと両選手にポイントが入るので、素早い突きが要求される張り詰めた緊張感がみどころ。

 試合をみていると、あっという間に点が入ったりして進んでいくけど、慣れてくると、短時間の真剣勝負に釘付けになってきます。

 日本ではテレビ放送も少ないのでなかなか観戦できないけど、実際に試合を観てみるのもいいですよ。動きの速いスポーツなので生だとまったく別のスポーツのように見えるはずです。

 ふ。。。 マイナーすぎること書きすぎてしまった。。。

 BTW

 今日は、久々に買い物を楽しんできました。

 まずは洋服。セレブな買い物なんてできないので、ライトオン、ザーラ、GAP、ユニクロあたりをまわって、ジーンズ2本、Tシャツ2枚、半袖シャツ、部屋用ハーフパンツなどと、ABC-MARTで夏には一足あったら便利そうなコンバースのスニーカーを1足購入。

 それからビックカメラで、Macのバックアップ(Time Machine)先として、バッファローの1TBの外付けHDDを購入。12800で20%ポイント付き。10700円のもあったけど、3年保証にひかれた。ポイントを消化しておこうと、プリンタの予備インクと、MacBook用スリーブケースを購入。

 最後は、ブラブラしてたらかわいい鞄が目に入ったので、吉田カバン(Porter)のショルダーバッグを購入。ちいさくてちょっとしたおでかけに良さそう。

 帰りは雨。念のために持ち歩いてた折りたたみ傘があってラッキー。

 727-09045-1pa.jpg



PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Copyright c MANPUKU DIARY All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]