忍者ブログ
イロイロなジャンルをその時の気分で綴っています。
プロフィール
HN:
りょう
自己紹介:
2013年4月から札幌に赴任してきました。
多趣味というよりたぶん飽き性ですね。コーヒー、紅茶、中国茶、文房具、万年筆、オカリナ、ウクレレ、ギター、、、などなどアンテナがいろんな方向に向いています。

アンテナにひっかかりそうなもの。
お茶、紅茶、中国茶、ジャズ、クラシック、ピアノ、バイオリン、オカリナ、お香、歌舞伎、日本舞踊、清元、長唄、コーヒー、Mac、Apple製品、自転車、文房具、モレスキン、万年筆、鉛筆、キリスト教、聖公会

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新コメント
[09/05 イリーガルパッド]
[07/16 くりす]
[07/16 Bibinba]
[06/27 Bibinba]
[06/22 ハル]
カウンター
28
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 コーヒーを自家焙煎してみました。
 通販で、生豆と焙煎手網のセットを買ってみて、わくわくしながら挑戦。

 しょっちゅう網のフタをあけて豆の色と匂いを確認しながら、楽しく焙煎しました。

 焙煎した豆は2種類。

 ひとつは、エチオピア・シダモG-2。もうひとつは、インドネシア・マンデリン。

 シダモはフルシティに、マンデリンはフレンチでローストしました。
 焦がしてしまうことに臆病になっていたのか、少し時間を掛けすぎてしまった模様ですが、それでもどちらもいい色に焙煎できました。

 いよいい緊張の試飲。
 まずはシダモ。15グラムの焙煎した豆を、中粗挽きにしてネルで抽出しました。湯温は83度くらい。

 おいしい!! 自分で煎った豆がこんなにおいしいなんて!!
 感動的でした。もっと早く焙煎を始めていればよかった。

 一方、マンデリンは、、、、あれ?? ちょっと焦げ臭くて、しかも薄い・・・。
 やや時間をかけすぎてしまったのか、シダモの焙煎方法にひきずられてしまったようです。

 シダモとマンデリンでは、焙煎の方法を変えなくてはいけないことを学びました。
 もともと、どちらも豆も半分量ずつ焙煎しようとしていたので、マンデリンは1回目の反省を生かして焙煎しました。2回目のマンデリンはとても美味しかったです。で、1回目のマンデリンは、ダブル焙煎風にもう一度5分くらい焙煎してみたら、こちらも美味しくなりました。なんとなくリカバリーできたようで得した気分です。

 豆によって、焙煎の仕方に工夫がいりますが、自家焙煎でコーヒーの楽しみがまた増えました。
 自分で焙煎した豆を飲めるというのが嬉しいですし、お値段的にもお得ですよね。
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright c MANPUKU DIARY All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]