忍者ブログ
イロイロなジャンルをその時の気分で綴っています。
プロフィール
HN:
りょう
自己紹介:
2013年4月から札幌に赴任してきました。
多趣味というよりたぶん飽き性ですね。コーヒー、紅茶、中国茶、文房具、万年筆、オカリナ、ウクレレ、ギター、、、などなどアンテナがいろんな方向に向いています。

アンテナにひっかかりそうなもの。
お茶、紅茶、中国茶、ジャズ、クラシック、ピアノ、バイオリン、オカリナ、お香、歌舞伎、日本舞踊、清元、長唄、コーヒー、Mac、Apple製品、自転車、文房具、モレスキン、万年筆、鉛筆、キリスト教、聖公会

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新コメント
[09/05 イリーガルパッド]
[07/16 くりす]
[07/16 Bibinba]
[06/27 Bibinba]
[06/22 ハル]
カウンター
28
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 aketa_sf.jpg

ぷらぁ〜っと、行きつけの楽器屋さんに行ってみたら、ティアモとアケタのソプラノFのオカリナがあるじゃありませんか。

手持ちのオカリナはアルトCとソプラノCしかなかったので、他のスケールのオカリナは気になっていたんだけど、移調とか、指使いとか面倒そうでなんとなく敬遠してたり。

でも、せっかく2本在庫があるんだし、試しに吹かせてもらいました。

ティアモは、少ない息でも透明感のある澄んだ音。

アケタは、まろやかな音色で、息の量も適度。

この時点で、「ちょっと吹いてみよう」から「どっちを買おうかな」に変わってました。

で、結局はアケタに。僕が感じたアケタの魅力は表現力かなぁ。ティアモはきれいな音は出してくれるけど、ちょっと表現は堅め。アケタはニュアンスが出やすそうに感じました。

家に帰ってから本格的に吹いてみたら、ソロで演奏するなら、F管でもなんでも指使いはC管と一緒でただ4度高い音が出てるだけなので、F管ならではの高音のキレイさにしばらく浸ってました。

まだ、ハ調の楽譜をみたままF管で演奏する(脳内移調)には挑戦してないので、これからまた練習項目が増えましたね。

ソプラノFは、まだ欲しいかな。音域がいいです。

なんだか続々とオカリナが増えていくんですが…。どうしましょう!?


楽器屋さんでギターのエフェクター用のケースを買いました。

a6661619.jpg

オカリナの持ち運び用にいいかなぁと思って。

以前から構想は練っていたんですけどね。実際に使えるようにケースの中身を工夫しました。
続きは、次回のエントリーで。

おたのしみに!


↓ポチっとしてくれると励みになります!
にほんブログ村 音楽ブログ オカリナへ
にほんブログ村
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
はじめまして
オカリナのブログを検索してたらここにたどり着きました。
アケタのオカリナ、僕も持ってます。これと同じF管も(^^)
いいんですよね〜オカリナの音って。
ヘタな自分の音を聴いてるだけでも癒される魔法の笛ですね。
カルロスさん / 2009/10/21(Wed) / URL
コメントありがとうございます。
カルロスさん、はじめまして。
オカリナってほんと癒されますよね。
不思議です。カルロスさんのいうように魔法の笛ですね。
どうぞ、また訪ねてください。

Have a good Ocarina day!
くりすさん / 2009/10/21(Wed) /
Trackback URL
Copyright c MANPUKU DIARY All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]