忍者ブログ
イロイロなジャンルをその時の気分で綴っています。
プロフィール
HN:
りょう
自己紹介:
2013年4月から札幌に赴任してきました。
多趣味というよりたぶん飽き性ですね。コーヒー、紅茶、中国茶、文房具、万年筆、オカリナ、ウクレレ、ギター、、、などなどアンテナがいろんな方向に向いています。

アンテナにひっかかりそうなもの。
お茶、紅茶、中国茶、ジャズ、クラシック、ピアノ、バイオリン、オカリナ、お香、歌舞伎、日本舞踊、清元、長唄、コーヒー、Mac、Apple製品、自転車、文房具、モレスキン、万年筆、鉛筆、キリスト教、聖公会

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新コメント
[09/05 イリーガルパッド]
[07/16 くりす]
[07/16 Bibinba]
[06/27 Bibinba]
[06/22 ハル]
カウンター
28
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 前から構想を練っていた、オカリナケースを自作してみました。カタチから入るタイプなので。(笑)

さて、「そもそもケースなんて必要なの?」という疑問もあります。

ケースを紹介する前に、そこんとこを少し。

実は11月21日(土)に、オカリナを演奏する機会があるんです。

ちょっとキリスト教の話になりますが、テゼ共同体という修道会のような団体がフランスにあります。祈りと、繰り返して歌われる聖歌を通して黙想/観想するというのが特徴。

友人たちと一緒に企画して、テゼ共同体にならった集いを地元の教会でも行うことになって、そこでいろんな楽器を持ち寄って彩りを添えようということになり、オカリナでオブリガード(助奏)を担当することになりました。

そこで、会場までどうやって持って行くか、というのと、会場でどこに置いておくかというちょっとした心配が発生。使うオカリナは最低3本、会場では教会の床か木製ベンチしか置く場所がない。

ということで、よし、ケースを作ろう! ということになったわけです。

ナイトオカリナからは専用のケースが発売されていますが、ちょっと懐が寂しいので…、我慢。


今回は、ギターなどに使う、エフェクターケースを本体にして製作しました。

材料は次の通り、オカリナ5本前後用。

エフェクターケース:350(W)x260(D)x80(H) ¥3500
板状スポンジ(凸凹):1枚 ¥1100
板状スポンジ(フラット薄):1枚 ¥600

では、さっそく作ります。
加工前のケースはこんな感じ。

a6661619.jpg
af3da2d2.jpg

空っぽのケースにスポンジをはめ込みます。

613dbe1f.jpg

スポンジがケースのなかで遊ばないように、ケースの内寸よりも1cmくらい大きくカットしました。

4307aca8.jpg

ふたにも内寸より大きく切ったスポンジをはめ込みます。

両面テープや接着剤は不要。

身とふたをあわせたらこんなかんじです。
c198e3df.jpg

では、さっそくオカリナを置いてみよう!

81f9a2dc.jpg

演奏するときには、厚みの薄いふたにオカリナを並べておきます。

680b962d.jpg

これならオカリナをすぐに取ったり置いたりできるし、オカリナも保護できる!

こんな感じでお手製オカリナケースができました。

いろんなオカリナを持ち歩く必要があるときに使えます。

演奏後、ケースにしまったときのオカリナ内の湿気が気になるので、シリカゲルの除湿シートなんかも入れておきます。

どうですか、このケース?
自分では気に入ってるんですけどね。

それぞれのオカリナポーチにいれて持ち歩くよりも、貫禄もでるでしょ?

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ナイス!
ええ感じの豪華ケースですね。
頑丈そうだし、これならどこで使っても安全でしょうね。
カルロスさん / 2009/10/22(Thu) / URL
そうなんです!
見た目通り、そこそこ頑丈です。
中に入れるものがコワレモノなだけに、ある程度のケース強度がないと心配ですしね。
意外にもエフェクターケースという、オカリナ用途にもぴったりな素材があったのがラッキーでした。
くりすさん / 2009/10/22(Thu) /
無題
オカリナが安全に運べるケースですね。
お値段もお手頃です。
Mikuさん / 2011/03/02(Wed) /
コメントありがとうございます
ケース自体もそこそこ頑丈なので、多少ぶつけても気になりませんよ。中はスポンジで守られていますので安心度が増します。最近は、オカリナを挟むように、上下に和紙(半紙)をいれて使っています。
くりすさん / 2011/03/03(Thu) /
Trackback URL
Copyright c MANPUKU DIARY All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]