忍者ブログ
イロイロなジャンルをその時の気分で綴っています。
プロフィール
HN:
りょう
自己紹介:
2013年4月から札幌に赴任してきました。
多趣味というよりたぶん飽き性ですね。コーヒー、紅茶、中国茶、文房具、万年筆、オカリナ、ウクレレ、ギター、、、などなどアンテナがいろんな方向に向いています。

アンテナにひっかかりそうなもの。
お茶、紅茶、中国茶、ジャズ、クラシック、ピアノ、バイオリン、オカリナ、お香、歌舞伎、日本舞踊、清元、長唄、コーヒー、Mac、Apple製品、自転車、文房具、モレスキン、万年筆、鉛筆、キリスト教、聖公会

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新コメント
[09/05 イリーガルパッド]
[07/16 くりす]
[07/16 Bibinba]
[06/27 Bibinba]
[06/22 ハル]
カウンター
22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PM8-3 後半ツボ

 ふー。やっと終わりましたよ。プロマシアミッション。

 写真は、極悪ツボトラップ。面倒なのでリレかけて扉前で死。

 思い起こせば、プロマシアの呪縛が発売されたのがたしか2004年の9月ですから、クリアするまでに2年以上かかっちゃったというわけですね。

 やたらと面倒な内容が多いミッションで、レベル制限に伴うジョブの選定と装備の確保、さらにお手伝いさんや協力者の問題などで、思うようになかなか進めることができませんでした。

 PMは実装当初のクリア目的の人がたくさんいたときの波に乗れば比較的早くクリアできたのかもしれませんが、当時は仕事で週末が休めず、フレやLSメンたちが次々と進めていくのを指をくわえながらながめていたものです。また、お手伝いをお願いするにもミッションの内容や装備の確保から二の足を踏む人も多く、当時はプロマシアミッションに対してあるしゅの憎悪さえ持っていました(笑)。

 あと、いざPMをやろう!と思っても、1つのミッションをクリアするのに3時間以上とか、始める前にやる気がなくっちゃったときもありました。

 そんなこんなで時々都合良くシャウトがあるとそれに乗っかってチマチマと進めてきたのですが、今年の夏、PM5−2(ヴァズの塔)のシャウトで一緒になった人たちと毎週金曜日の夜に固定PTで進めることができるようになりました。

 何回か一緒にプレイしているとプレイヤーの癖や特徴もわかってくるので途中からはプレイしやすかったですね。固定ならではの楽しみとして、ル・メトの園の地図は意地で取りました(笑)。きっと使うことはかなり少ないと思いますが、こういう機会がないとずっと取りに来ないような場所なのでなにより。

 ここでPMでのスクリーンショットものせたいなぁとも思ったのですが、まだまだクリアしていない人もいるでしょうし、やはりネタバレイクナイですからね。自粛しました。

 クリアの報酬の目玉であるリングも無事にもらい、念願のタマスリングをゲット。レベルによって、INTとMNDの数値が変化しますが、Lv75だと、それぞれ+5という神装備ですね。我慢してずっと使い続けてきたダイヤリング1個ともやっとオサラバです。

 ・・・と、本当に長かった・・・。

 ・・・あまりに長すぎて、、、、 ストーリーほとんど覚えていません!!
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Copyright c MANPUKU DIARY All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]