忍者ブログ
イロイロなジャンルをその時の気分で綴っています。
プロフィール
HN:
りょう
自己紹介:
2013年4月から札幌に赴任してきました。
多趣味というよりたぶん飽き性ですね。コーヒー、紅茶、中国茶、文房具、万年筆、オカリナ、ウクレレ、ギター、、、などなどアンテナがいろんな方向に向いています。

アンテナにひっかかりそうなもの。
お茶、紅茶、中国茶、ジャズ、クラシック、ピアノ、バイオリン、オカリナ、お香、歌舞伎、日本舞踊、清元、長唄、コーヒー、Mac、Apple製品、自転車、文房具、モレスキン、万年筆、鉛筆、キリスト教、聖公会

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新コメント
[09/05 イリーガルパッド]
[07/16 くりす]
[07/16 Bibinba]
[06/27 Bibinba]
[06/22 ハル]
カウンター
22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 国内の音楽配信事業ではAppleとのライバル(?)関係にある、SME(Sony Music Entertainment)が、iTMSへの楽曲提供を年内を目処に行う予定で協議中である、とのこと。
 iTMSは日本でのオープンに際して100万曲を用意したが、洋楽中心で邦楽の充実が課題だった。SMEは国内大手レーベルであると同時に楽曲配信ビジネスを行い、デジタル音楽分野ではユーザーフレンドリーとは言い難いDRM(Digital Rights Management[デジタル著作権管理])で殿様商売を続けてきた。
 個人の推測では、SMEはiTMSに楽曲を提供したくはないというのが本音だと思うが、所属アーティストから出てくるであろう不満や、SMEが好むと好まざるとに関わらず浸透したApple型配信ビジネスとiPod文化にいつまでも距離を置くよりも、ビジネスの一部に取り込んだ方が得策だと判断したのではないだろうか。
 さまざまな側面があるにせよ、iTMSへの邦楽充実度が上がるとすれば、単純に嬉しく、そしてありがたいことだと思う。

 (記事風になってしまった・・・・・・)
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Copyright c MANPUKU DIARY All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]